当社のこだわり

真摯に取り組む家創り

家というものは毎日住む人を守り続けるものです。
その家創りにおいて私達が最も大切にしている事は
「いつまでも安心して住み続けられる家であること」
その為にしっかりとした骨組み(構造)で
100年先も構造が使用できる事を
最も大切に考えた家創りを行っております。
内装は時代の流れに合わせ自由自在に変える事が出来ますが、
構造本来の形は変える事が出来ません。
私達が目指す家創りは、常にお客様の心に寄り添い
理想をカタチにしていく・・・
そんなあたり前の事を真剣に納得いくまで
何度でも向き合い
長きに渡るお付き合いをさせていただける事をモットーに、
スタッフ一丸となり日々取り組んでおります。

ショールームにはキッズルームが完備されており、
打ち合わせスペースからお子様の様子を
見守ることができます。

チーム力と管理体制

また、豊富な経験で培った職人の高い技術力・徹底した現場管理体制で安心した住まい創りのお手伝いをさせて頂きます。
土地探しから、設計プランニング→施工→アフターサービスと全ての工程を一貫して行い、その道のプロが挑み続けるカタチこそが森建築の為せる技であり企業理念なのです。

モデルハウスのご案内

いつも素足でいたくなるような
木の温もりを感じられる家創り

 class=

間接照明を活かしたリビング

まるで飲食店のようなダイニングルーム

オープンでありながら、収納力抜群のキッチン

細部にこだわったモダン和室

「家族」を感じつつ、「個」の時間も大切な場所・・・

使う方の用途に合わせた書斎も可能です。
あなただけの特別な書斎を手に入れませんか

床も天井も木のぬくもり溢れた部屋づくりで
いつでも温かみのある空間となります

もう一つのリビング、
ウッドデッキで屋外バーベキューも。

リビングを出るとまるでアウトドア気分!ウッドデッキがお出迎え。
家族や気の合う仲間と、時間を忘れて楽しめる笑顔あふれる場所

間接照明で夜は少し違った表情に

アフターサービスのご案内

1.白アリ10年保証

当社の住宅は保証会社認定の「Jotoキソパッキング工法」を採用しているため白アリ賠償責任補償適用住宅床下全域を乾燥させ、乾燥や気流を嫌う白アリが寄り付きにくい床下環境となり白アリ被害の発生を限りなくゼロに近づけます。上記の工法を採用した上で、10年間さまざまな白アリ被害を補償致します。

2.地盤保証

工事着工前に地盤検査をし、結果により地盤補強工事を行いますが、万が一本来は起こりえない事、不同沈下(地盤が家の重さに耐えられずに不均等に沈下する)等、起こった場合、お引き渡し後20年間保証致します。

3.定期点検

購入後も安心の定期点検サービスで、購入後の「快適性」と「安全性」が継続して満足していただけるよう、6か月・1年・2年・5年・10年・20年と永きにわたる安心を実現致します。

4.住宅瑕疵担保保証

住宅保証検査機構(JIO)の厳しい検査項目をクリアし適合した住宅に保証される機関であり、弊社では全ての新築住宅において加入しており10年間、瑕疵に関する責任を履行致しております。

5.住まいのご相談
サポートサービス

24時間、電話対応いたします。

ZEHについて

ZEHとは?

高い「断熱」性能をベースに、高効率機器やHEMSによる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、住まいの年間一次エネルギー消費量が正味おおむねゼロになる住まい。

ZEHのメリット

1.健康へ配慮できる

断熱性能が優れている住宅は、家中の温度差が小さくなり、結露やカビの発生を抑えると共に、室温の差による体への負担が小さくなるため、健康で快適に過ごすことができる。

2.家計・自然環境に優しい

ZEHにすることで、光熱費は一般的な在来住宅と比較して大幅に削減することができるので家計の負担が減ることになる。また太陽光エネルギーや自然エネルギーを使用するので、CO2も削減でき、地球にも優しい。

3.災害時にも安心

万一の災害や停電時でも、太陽光発電による創エネと蓄電池による蓄エネを組み合わせれば、生活に必要なエネルギーをまかなうことができるため心強い。

4.1年を通じ快適に過ごせる

高気密高断熱の家ならば、最低限の冷暖房器具の稼働で、夏は涼しく冬は暖かい、温度差の少ない家を実現することができる。

2020年までのZEH普及目標

  H28年度 H29年度 H30年度 H31年度 H32年度 合 計
ZEH受託率目標 50% 20% 30% 40% 50%  
実 績 20%  

弊社は、ZEHビルダーとして 2020年までに普及率50%を目標に取り組んで参ります。

よくある質問はこちらから

ショールーム見学ご予約はこちらからご予約のお電話はこちらから